PSP買いました。
妻に隠れて割とこっそり。

勿論速攻発見されてしまい、蜜蜂の館に突入するクラウドが如く

「PSPには人生に必要な何かがある。俺にはわかるんだ!」

と言い訳してみるものの妻の風はつめたかったです(←当然の反応)
※妻はDSを持っているのですが、ほとんどプレイしていません

さて、一緒に買ったのは勿論「いただきストリートポータブル」。いただきストリートは学生時代、友達4~5人でそれこそ毎晩のようにプレイしていたゲームです。この友達とは今でも年に数回、いたストメンバーとして集合し、その日はとことんプレイしています。

さて、PSP版いたストの第一印象として、コンピューターが弱い。。。CランクやDランクのキャラクターの株の買い方や、増資チャンスでMAX200しか増資しないなど、どうも行動が制限されすぎのような気がします。

とりあえず、通勤時間を利用してバトルモードをクリアしてみようかな、と。

タイトルでは、モンスターハンターポータブル 2nd Gにも興味があったのですが、山手線でよく流れていたMH 2nd GのCMを見て、

MHP 2nd G CM集 『お笑い芸人篇』

次長課長 井上
前作プレイ時間:643時間

と書いてあるのを見てパス。

それだけ遊べるゲームだってコトを伝えたいんでしょうけど、社会人には逆効果じゃないでしょうか。勿論ライトなDS層と、PSPのターゲット層は違うと思いますが、敢えて幅を狭めなくてもいいような。

P.S. 一時期はNitendoDSと随分差を付けられていたPSPですが、最近は好調のようです。

ゲーム機:3月24日~3月30日(⇒引用元
順位 ハードウェア 台数 2008累計(13週間)
1 PSP 129,986 1,108,816
2 ニンテンドーDS Lite 58,916 1,050,148
3 Wii 48,785 1,055,443
4 PLAYSTATION3 11,206 346,590
5 プレイステーション2 10,296 167,096
6 Xbox360 1,547 47,046

とはいえ、FFやDQといったビックタイトルはほとんどDSに持っていかれていますが、この後はどういった路線に走るのか?

Trackbacks Trackbacks (0)

コメントする